麻布生活から千葉の田舎暮らしへ〜

今回は、プライベートの話を。

先月、東京から約1時間の田舎に引っ越しをしました。理由は体調不良。

20後半から、会社のそばに住み朝から晩まで仕事。昨年の夏を思い出すと休みなしで朝から晩まで働き続けていた結果、体が疲弊してしまいました。精神的には、元気なんですが身体の疲れが取れない。そんな状態。

ベンチャー企業に勤めて、楽しく働いていたものの、去年の年末に体調を崩し生活の見直しを余儀なくされました。

そして、会社を変えて田舎暮らしへと生活を変えたのがちょうど先月の話。

田舎暮らしが一ヶ月経過して思うこと。それは、朝が気持ちいい。朝の静けさや小鳥のさえずり、都内では感じられない朝があります。土日になると近隣の人との交流があったり、サーフィンやキャンプに行く仲間ができ、都内にいたときより楽しい生活ができています。

仕事は、リモートワークが良い会社に勤めていますので、都内に出ることもありますが、自宅近郊のカフェで仕事をしています。

都市部で稼ぎ、田舎で暮らす。

リモートワークが可能になった現代はそんな人も徐々に増えるんじゃないかと思います。少し落ち着いたら、千葉の田舎で働くコミュニティーなるものをつくっていきたいなと思います。サーフィンとキャンプしながら働けたら最高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。