打ちやすさ抜群、おすすめのキーボード | MonoGoto

打ちやすさ抜群、おすすめのキーボード

ハイスペックなキーボード。

そう聞くとなんだか近寄りがたい気がする。ただ毎日何時間も使うキーボード。仕事の質と効率を高めたいと思うビジネスマンであれば、一度身の回りの電子機器の購入を考えたことはあるであろう。そんな私も一度仕事を効率的にそして、長く自分に合ったキーボードを探した経験がある。そのときに、エンジニアや情報分析官といった仕事を効率にこなしている人たちのキーボードを実際に触らせていただき、キーボードを選びんだ。そのときに、見て触ってみて使いたいと思った使うべきキーボードを紹介したいと思う。

キーボードはどうやって選んだらいいのか

ポイントは3点

テンキーの有無

テンキーとは、文字を打つ部分とは別で数字を入力するキー群をいいます。数字の入力が多い、経理などの方にはマストアイテムですが、仕事のなかでエクセルを使う人などはテンキーがあるキーボードを購入するのが良いと思います。

無線接続か優先接続か

無線接続と有線接続の違いは、PCとの接続を有線ケーブルでつなぐか、マイクロUSBから電波を飛ばして接続するかの違いです。有線の場合は、キーボードの充電が必要ないことがメリットになりますが有線ケーブルが移動の際に邪魔になるなどデメリットもあります。

好みによりますが、僕はケーブルがごちゃごちゃするのが嫌いなので、無線ケーブルのキーボードが好きです。

キーストロークの深さ

キーボードを打つときのキーの深さのことをキーストロークと言います。キーストロークは、人によって深い人の方が打ちやすい、浅い方が打ちやすいと好みがわかれるので、自分が打ちやすいキーボードを選ぶのが良いと思います。慣れてしまえば気にはなりませんが、使いやすいものを選ぶのが良いと思います。

実際にキーボードについて聞いたが、MACユーザーは純正キーボードをWindowsユーザーは、他社製品を使っているケースが多く見られた。特にWindowsユーザーはそれぞれ個人に会った愛着のあるキーボードを利用していることが多い。Windowsユーザーが利用していたキーボードをピックアップして紹介していきたいと思う。

おすすめのキーボード

東プレ REALFORCE 108UBK/変荷重キーボード/静電容量無接点/108キー/USB SJ08B0

東プレ REALFORCE 108UBK/変荷重キーボード/静電容量無接点/108キー/USB SJ08B0

私の会社では、東プレのキーボードは、エンジニア、分析官や管理部など様々な場所で使われているキーボードだ。キーボードとしては、市販されているキーボードの中では群を抜いて重くゴツさがある。ただ、機能性は一級品。

キーボードを押したときに、力を入れずとも反応するように設計されているため、タイピングミスが非常に少ないキーボードと言われている。

LOGICOOL ワイヤレスイルミネートキーボード K800

LOGICOOL ワイヤレスイルミネートキーボード K800t
キーボードは打ち心地。
そう思っているユーザーさんにおすすめのキーボード。ワイヤレス利用ができ、東プレのキーボードの打ち心地が合わない方にはこのキーボードをおすすめしたい。

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード – 日本語 0B47181

レノボ・ジャパン ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード - 日本語 0B47181thinkpadを使っていた方ならわかると思うが、真ん中にあるトラックパッド(赤い丸)を使うとThink padから乗り換えられない方も多いと思う。僕もthinkpadユーザーだが、トラックパッドがあれば、マウスを使うことは少なくなる。持ち運びも非常に楽なこのキーボードは、Think padユーザーにはおすすめの商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です