引っ越しでものを捨てきってわかった、僕に必要なもの | MonoGoto

引っ越しでものを捨てきってわかった、僕に必要なもの

ものを持たないこと。

そう決めたのは、

なにも特に理由があるわけではないが、

彼女の妊娠が発覚し、彼女が嫁になり、

転職で会社契約の家から

引っ越しをしなければならず

こどものことも考えなきゃいけないし、

引っ越しもしなければいけないし、、、

考えることがたくさん。

そんなときに引っ越しをしたら、

必要ないものは”すべて”捨ててしまった。

 

引っ越しで使っていないものを捨てて、

生活が大きく変わった。

とは私は思っていない。

 

ただわかったことがある。

それは、自分にとって

何が必要で、何が好きなのか。

そして、

“欲しい”とか”欲しくない”ではなく

“必要ない”ものは、いらないということ。

昔は、たくさん欲しい物があって、

欲しい物を買っていた私でも

20歳も終わりに近づき

ものを持つこと自体が、

僕の中では

“楽しくない”こと

になったのかもしれない。

 

欲しいのは、

ふらっと海外に行ったり、

新しいものをつくれる時間。

楽しい時間があればなんでもいい。

 

僕が必要な物は、

「機能性が高い(プチ)ブランド品」

僕が持っているもののほとんどは

以下のようなものである。

▼持ち物リスト

機能性の高い仕事用の衣類(鎌倉シャツのニットシャツとジャケットパンツ)

機能性の高い衣類(ユニクロのインナー/ mont bellのメリノウール靴下 / patagoniaのジャケット / North faceのジャケット)

毎日使うデジタルガジェット(Hawei p10 plus / ERATO Apollo7 / Mac book Air / iPad Pro / apple pencil )

旅行で買った財布(オーストラリアのブランドのマネークリップ)

機能性の高いリュック(PORTER / TANKER3WAY BRIEFCASE)

機能性の高いカメラ(デジタル一眼カメラ SONY NEX-6)

 

僕の持ち物は、

80Lのキャリーバック2つと

旅行用バックで収まる。

 

そして、持ち物の9割以上は

把握できている。

持ち物の把握していなくてもいいと思うが、

自分の中で洗練された好きなものだけ

覚えてられる範囲で所有することで

無駄なことをしている時間が

少なくなったと感じることができている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です