仕事が遅い・できないと思っている人へ、仕事を効率的に動かす方法

こんにちは、shinです。

広告代理店として働いているのですが、コンペ続きでタスクがパツパツでした。なんとかしなきゃなーと思って色々トライしてみたら、長期的に活用できる方法もあったのでまとめたいと思います。

仕事パツパツ状態

僕は、この2月〜3月までクライアント十数社対応しつつ、コンペ続きという、いわいるタスクパツパツ状態に陥りました。毎日夜12時以降まで働いても終わらない。そんな時期がつづき、なにやってるんだろうと思うシーンが何回もありました。ちょっとこのままいったら体調崩しちゃうと思ったので、下記の対策をしました。

対策

①社内相談

まず社内でもうタスク的に対応できないことを相談しました。仲間が全員タスクパンパンという状況はほとんどないと思います。ほんとに辛い状況なら誰かしら助けてくれます。まずは相談しましょう。(そんな僕は、自分で抱えるタイプでした)

②お客さんに相談

社内でも対応でいない場合、お客さんに対応が遅れることを伝えます。ただ、それだと「対応してください」と言われて終了なので必ず対策とセットで伝えます。いつから対応ができるのか、対応できない場合、他の対策は何があるのかそんなことを報告すれば、お客さんがちゃんと品質管理してくれていることを認識してくれるはずです。それで怒られることはほとんどないでしょう。③アウトソース

③アウトソース

広告周りでアウトソースしたいと思っている企業、個人はそこそこいると思います。個人でやっている場合は顧客予算が大きい場合、ほとんど場合は受けてくれるでしょう。(その分年収があがるので)アウトソースしてわかったことは、自分ができる仕事をしても、それからの広がりがないということ。アウトソースをすればその分新しい知識やお客さんとの時間をとれるので、現状維持したくない人は積極的にアウトソースして、新しい領域に攻めて行ったほうがよいと思います。

気づいたこと

①自分しかできないことをやる
②アウトソースしても、採算が合いお客さんの満足度が上がればよい

自分でしかできないことをやれば、おそらくタスクは激減すると思います。僕の場合は、全体の6割のタスクはアウトソース可能でした。半分以下になったことで、新しい大きな案件にリソースを割くことができ、長期的に良い結果になったと思います。
これから個人の時代という話もありますが、力のあるフリーランスを活用すれば、きっと良い結果がまっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です