実践!断捨離生活 | MonoGoto

実践!断捨離生活

きっかけ

もうすぐ30歳になる。。
社会人になって、もう7年が経過して大学のときに着ていた服や小物など部屋に散乱している状況でした。ほしい物もあるけど、家にも似たようなものあるし、、、、自分が何を購入していいかわからない状況に陥っていました。そんなときに「人生がときめく片付けの魔法」という本にに出会いました。「片付けをすると人生がときめく!?」「本当かい?」とおもいつつも、これから30代をイキイキと生きるためにも「ちょっとやったるか」ということで、まず「断捨離してしまおう」と思ったのがきっかけです。

断捨離の手順

手順としては、たったの2つ。ここでいいたいのが「まずやってしまう」のがとっても重要です。部屋を綺麗にしたいとは、たくさんの人が思っていると思います。ただ、私の周りの人を見ると、「できない」ではなく、「やっていない」ひとが多いと感じます。一人暮らしの人であれば、意外とすぐに終わってしまうので実践してしまう方がいいと思います。

1.使っている物と1年間使っていないものを整理

2.1年間使っていないもの、販売する・捨てる

使っているものと、1年間使っていないものを整理

1年間使っていないものですが、「あ〜これ使うかも」って思うものもあるかもしれません。特に私の場合、奥さんが「これ使うかも」といって、捨てられないものが多くありました。しかし、捨てなかった結果どうなったのか。「使っているところを見たことがありません(笑)」使うかもが続いた結果、必要じゃないもので溢れかえっている可能性があるので、潔くいらないモノとして処理してしまいましょう。販売して、新しいものを買った方が部屋も心もスッキリしますよ。※使っているものは、もちろんなくなってしまうと生活に支障をきたす可能性があるので、金欠じゃない限りもち続けましょう。僕は、金欠ぎみだったので、少し販売してしまいましたが少し後悔しています(笑)

1年間使っていないもの、販売する・捨てる

いらないものをまとめることができたら、販売しましょう。僕が今回活用したのは、「メルカリ」「古着屋」「ネットオフ」です。販売したものをまとめると衣類関連は、「メルカリ」「古着屋」です。1ヶ月ほど出品して、売れるものは「メルカリ」で販売して、売れないものに関しては、「古着屋」に持って行ってほとんど金額になりませんでしたが引き取ってもらいました。そして大量にあった本については、服と同様に売れるものは、「メルカリ」で販売、売れないものについては、「ネットオフ」で買取していただきました。ネットで申し込みをするとダンボールが送付されてきますので、梱包して送付すると買取価格を提示されて買取してもらえます。僕の場合、ブランド物のアクセサリーが高く販売できたため、全体として12万ほど収益になりました。

断捨離をしてわかったこと

著作者: JasonCorey

(写真著作者: JasonCorey)

断捨離してわかったことは、「必要なものはほとんどない」=「購入する必要もほとんどない」ということでした。少し時代の流れも感じますが、シェアリングサービスが普及してきたため、「車」「本」など所有する物がこれからどんどん少なくなるのではないかと思っています。普段は、携帯とクレジットカードが一枚あれば、生きていけるんじゃないかと思います。服も大量に保有する必要性も少なくなり、自分の気に入った物が一週間着れるだけあればいいと思います。そんな生活を初めていますが、「服を選ぶ時間」「掃除をする時間」「買い物に行く時間(何がほしいのかよくわからない状態での買い物をする時間)」が劇的にに減っています。生活疲れをしている人には、断捨離を是非おすすめします。浮いた時間を使って、自分が楽しいと思える時間を増やしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です